読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

残業

会社で皆さんの様子を見ていると、まったく定時に帰っている様子がない なんて人をたまに見かけます。
父 曰く、「そういう人は、残業が生活リズムに組み込まれている」とのこと。みなさんそれ相応に忙しいのも事実なんでしょうが、「いつものとおり」残業してる なんてこともあるということでしょうか。

最近残業について思うのは、特に理由なく残業するべきではないということ。
残業はあくまで「残」業なのであって、どうしても(今日中に)やらなきゃいけない場合以外はするべきではないし、当たり前のように定時後に居残るようなことがあってはいけないのではないでしょうか。前述の定時に帰っている様子がない人を見ていると、そんな風に思います。
だから、最近思うのは「残業のない仕事」がしたいとかではなく、「必然性のない残業がない仕事」がしたいな ということ。とくにフレックスタイムなんていうものがあったりするところでは、それは難しいのかもしれませんけどね(人によって定時がばらばらですし)。