高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

ここ最近のAIの話

最近AI話題ですね。わたしもDALL-E2やChatGPTなどはときどき使ってます。

AIが出力したものをそのまま外に出すようなことはなかなかできませんが、出力したものが何らかのヒントになるなんてことは、まあまああるのではと最近思っています。

続きを読む

ゲームのBGMについて

わたしはゲームのBGMをよく聞きます。仕事をするときとか、ちょっと考え事をしたいときとか、気分を切り替えたいときに。

ゲームのBGMを聞きたい時っていうのは、このツイートのとおり大きく二種類あると思っています(もちろんその他にもいろんな理由はありそうですが)。

  • ゲームクリア後に思い出に浸るため
  • ゲーム以外の場面でその時のテンションを思い出すため*1

たとえば仕事中などにゲームで戦闘している時のテンションになるためだったり、フィールドや町中、食事シーンなどゲーム内でその場所にいるときの気分を思い起こすためだったり。

ゲームBGMはループ再生することを前提に作られているものも多いし、雰囲気を邪魔しないような構造になってるのもあるし、気分を切り替えるためのツールとしては最適だなと思っています。

*1:ツイートではゲームのプレイ中にといっていますが、これはゲームクリア後でも同じことが言えますね

続きを読む

子どもにこそオンラインは必要なんじゃないか

今回はこちらの話し。

stand.fm

年初に行った磯子七福神めぐりの道中に、子ども向けのおはなし会イベントのチラシを見かけました。

内容としてはすごく単純なもので、どこかの自治会館に集まってちょっと遊んだり、お話をしましょうというイベントです。

ただ、やはりこのご時世もあって、距離を離しましょうとか、会話は少なめに(おはなし会なのに!)しましょうとか、いろいろな制限がかかっていて、仕方がないとはいえ大変そうだなぁと思っていました。

オンラインで話せないか?

これを見てこういうのはオンラインでやればいいのになと思っていました。

昔オンライン公園というものも聞きましたが、そんな感じで。

オンラインの場で今やっていることの話をしたり、作ったものを見せたり、一緒にゲームとかもありですかね。

100%オフラインの場で出会うことの代わりになるというわけではないですが、オンラインだったらそんな制約はない

もちろんできないことはたくさんあるけど、逆にできるようになることもたくさんあるわけで。

誰かと話す。その時の選択肢がオフライン以外にもあるよっていうのは、もっと自治体とかそういうようなところでフィーチャーしてもいいんじゃないかな、と思いました。

選択肢が増えない

これについては、先日のSBCast.でも話題になっていましたが、子どもがなにかやりたいときにとれる選択肢は、少なくとも大人のそれに比べてかなり少ない

sbc.yokohama

大人が大人と話す場ってオンラインにはたくさんある。

地域の交流会もなんだかんだ言ってオンライン化しているところはあるし、ハッカー飯とかバーチャルランチクラブなどのようにオンラインで知らないだれかと話すような場だってたくさんあります。

もちろん何の工夫もなしに子どもがオンラインに出て行くのはそれはそれで危険かもしれない。

でもだからと言ってオンラインに出る道を塞いでしまうのは、子どもにとって大きな機会損失なのではないか

今の子どもはデジタルなものとの親和性が高いとはいいますが、活用の選択肢は案外少なくなりがちなのかもと思いました。

学生が外の世界と接する機会

そのほかにも、地域の人を巻き込んだ討論会を開くのに、学校単位でイベントを開かなきゃいけなかったり、学生って大人と話すのすごく大変なんだな と感じることがあります。

例えば学校のクラス単位とか、自治体単位とか。

そういうような環境で大人の監督のもと、オンラインで誰かと話す機会を作るっていうのはできないものだろうか?

オンラインで出会うからこその安全

先日は中学校でプログラミングの授業をしてきました。

sbc.yokohama

こちらのプログラムは、学生が地域の人にいろいろ教わろうというようなコンセプトのプログラムで、地域の色々な特技を持っている人たちを集めて、学生さんはそれらのうち希望したコースで授業を受けるというものでした*1

今回はそういうプログラムにわたしが手を上げることで中学校で活動をするという機会を得たわけですが、それ以外に学生さんが外とコンタクトをとる機会、大人が学生さんとコンタクトをとる機会って本当に少ない

実際、素性の知れない大人を学校に招くのは結構リスキーだと思います。だから、こういうようなプログラムがおいそれと開けないというのも、とても分かります。

ただだからこそ、オンラインなんじゃないか?

オンラインであれば会ってみてから、この人危ないなと思ったら、チャットから追い出してしまえばいいわけで。

もちろんオンラインならリスクは0になるかといえばそんなことはないけれど、オフラインで会うよりはリスクも少ないんじゃないのかな?

子育て支援はまちづくりというけれど

以前SBCast.では、「子育て支援はまちづくり」という言葉がありました。

sbc.yokohama

子育ては家族だけでなく町単位でやっていこう

そういう思いは、色々な子育てコミュニティに触れていると多くの団体が思っているんだなと感じます。

たしかに乳幼児期の子どもと地域の人が接する機会というのは少なくない。

でも、子どもが小学生になったら?中学生になったら?子どもと地域の人が出会う機会というのは格段に減ってしまう

その場を自治会がつくることってできないものなんだろうか?

親や大人が監視をし、安全性を確保した上で、子どもと今の大人が話す。

それは大人が今の子どもってこうなんだってのを知るためにも、子どもが今の世界のありようを知るためにも、有用なのではないでしょうか。

*1:自分のやったコース以外では、舞踊とかアートとか楽器とかのコースがあったようです

発信者をもっと身近に

先日、1月10日は、SBC.オープンマイク #69として、横浜コミュニティデザイン・ラボの森由香さんをお迎えして横浜がこれからどういうことをやっていくのか というテーマでお話をしました。

www.youtube.com

今回は主に話題になったのは、去年開催した横浜競争博覧会とか、今後開催する予定のYOXOフェスティバルという二つのイベントについて。

また、横浜に多数あるイベントの話を行ないました。

ceplus.yokohama

yoxo-o.jp

続きを読む

ソフトウェアの新陳代謝

ずいぶん前にstand.fmで言及したことですが、ここ最近改めて重要性を感じたので一つ。

stand.fm

今回話すのはソフトウェアの新陳代謝について。

新陳代謝と表現するのが正しいのかどうか分かりませんが、ソフトウェアって、仮に脆弱性や不具合がなかったとしても、定期的に更新されていかないとまずいということを感じるできごとがあり、ブログにしたためてみることにしました。

続きを読む

2023年の豊富とか

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年はとても久しぶりに。磯子七福神巡りをしてきました。歩数は20,435歩、移動距離は9.8km、時間は3時間20分。 3年ぶりの大移動となりました。

ここ最近は近くの歯医者か、移動するにしてもすぐバスや電車を乗り継いで移動になってしまうしだったのでろくに徒歩移動はしていませんでしたから、結構いい気分転換にはなったかなと思います。

さて、今日のお話はそこそこに今回のお話。

続きを読む