高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

SBCast. 振り返り(SBCast.#37 つながり・関係性ネットワーク(CRファクトリー呉 哲煥さん)

先月はアドベントカレンダーなどでおやすみしていたSBCast.振り返りを再開。

37回目のSBCast.は、CRファクトリーの呉さんでした。

sbc.yokohama

CRファクトリーは、コミュニティの運営について様々なセミナーや、コラムの発信などを行う団体。

東京のCRファクトリーのオフィスでもイベントをやっていますが、YOKOHAMA SOUPや横浜市内のイベントなどでちょくちょく団体の方をお見かけしていました。

わたしも2008年からイベントに関わっており、一度SBCast.でもお話しを伺ってみたいと思っていた団体の一つ。年末ということで、呉さんをお呼びしてお話しをお伺いできて、とてもよかったです。

お話しした内容

今回お話ししたことでとても印象に残っているのは、以下のこと。

ITコミュニティとそれ以外のコミュニティってどうしてつながらないの?

これは個人的にとても気になっていたことの一つです。

ITコミュニティや、IT系のポッドキャストを聴いていると、様々な分野で活動されている方をお見かけするものの、地域コミュニティやSDGsCSRなど地域にいれば必ず聞くような単語を全くといって良いほど聞かない。

かといって住んでいるところが違うのかというと、そういうことではない。ITコミュニティの多い東京にだって沢山のコミュニティがあるし、やってることは他地域のコミュニティとそんなに変わらない。

外出が制限された今になり、すべての活動がオンラインになっても、変わらず交わりはないし、ITコミュニティやIT系ポッドキャストでも名前を聞かない。なぜなんだろう?と思っていました。

呉さんは「淡水魚と鹹水魚のよう」と表現されていました。

実際地域コミュニティにもオンラインコミュニティにうまく馴染んでる人と馴染んでない人がいるし、ITコミュニティにもオンラインに馴染んでる人、馴染んでない人がいる。

実際はそれ以上に層が分かれているのかもしれませんが、近いところはあるのかもしれない と思いました。

これについてはもっと今後も深掘りしていかなくちゃいけないんだろうなあ と思っています。

個人的には、お互いのコミュニティにいいところがあり、ITコミュニティにも取り入れて欲しい地域コミュニティのメソッドもあるし、その逆もある。もっと交流することで、お互いのメリットをより活かした何かが出来るのではないかと思っています。

偶然と申請主義

そしてもう一つ、インターネットサービスの申請性について。

インターネットのサービスって考えてみるとだいたいなにかの申請をしないとつながらない。Twitterだって相手をフォローしないと投稿を見ることはないし、Facebookやバーチャルランチクラブは、つながりを申請しないとつながることができない。

よくインターネットは偶然が作りにくいとは聞きますが、ほんとうに偶然を作るのは難しい。

たしかに偶然Twitterやバーチャルランチクラブで見かけて、偶然話題を共有できて盛り上がる ということはできます。

しかし、その偶然だってそもそもTwitterやバーチャルランチクラブにユーザー登録をしていて、お互いがある程度近いカテゴリの活動をしている(サジェストされやすい状態にある)という前提がある。

このため、本当に偶然に、全く違う活動分野の、何の接点もないという方と話すというのは、本当に難しい*1

それを役所の手続きに似ている点があるというのは、未知の視点でした。

申請によるつながりは、自由で選択的で、煩わしい繋がりを作る必要がない というメリットがあるものの、反面待っているだけでは繋がれないという難しさ、残酷さがある という話しは、とても今のオンライン環境を表す言葉だな と思います。

この環境下でどうやって偶然を創り出すか。申請しないでもつながる仕組を作り出すかのヒントは、ひょっとしたら行政関連の活動にあるのかもしれない。そう思う一言でした。

*1:Twitterで他人のいいねやRTが見えたり、バーチャルランチクラブで不定期にお勧めユーザー画面が表示されたりと、一見鬱陶しい幾つかの機能。あれはそれでも偶然を創り出そうとそれぞれのサービスが考えた結果なのかもしれません

2021年あけましておめとうございます。

さて、2021年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

f:id:TakamiChie:20210101210909p:plain

さて、まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.理事としての新年の抱負はすでに書いたので、こちらではあくまで個人として。

2020年を振り返って

去年はなんだかんだ、いろんなことがあった一年でした。

外出の予定が極端に減り、滅多に家から出ない日々。その代わりに開催される様々なオンラインイベント。

フリーランスになって以来、ゴールデンウィークをはじめてゴールデンウィークらしく過ごせたというのが、非常に印象に残っています*1

地域の様々なコミュニティがオンラインイベントを開催するようになったり、まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.としてもそれら団体を支援するようになった昨年。

いろいろな種類のイベントを席に居ながらにして楽しめる というのは、とても大きい。

より多くの人と繋がりを作る

そしてより多くの人と繋がれるようになった というのも利点の一つ。

オンラインイベントは移動時間がないので、より多くのイベントに、より気軽に参加できる。

それだけでなく、場合によってはコメントや音声・動画などでホストの方たちと繋がりを作ることができたというのは、個人的には感動のできごと。

SBCast.でそのような方にもお話しを伺うことができた というのは、ほんとうに良かったな と。

もちろんオフラインのイベントと違い、直接顔を合わせて親交を深めることはできませんが。

ただ、いろんな人と繋がりを作るに当たって、とりあえずファーストコンタクトはそれでいいのかな と思います。オフラインの繋がりは、もっと仲良くなる段階で考えればいいだけの話しで。

2021年に向けて

2021年も、変わらずオンラインイベントが多くなっていくことでしょう。

まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.としても、わたし個人としても、主催・共催・参加などどんどんやっていきたいなあ と。

オンラインの可能性を探る

と、結局まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.側のブログと同じ見出しになってしまった。

  • IT勉強会:もくもく会以外のイベントにも参加・発表
  • 地域コミュニティのオンラインイベントに参加・支援

個人的にはまだまだオンラインイベントではまだまだやれることがあると思っています。

リモート時代のプレゼンはスライドではない : could

Automagic.FMの恭久さんが上の記事で仰っている、ライブ感

プレゼンの内容は録画されているけど、それでもライブで参加したいと思わせるイベント。

そして登壇する側の人も臨場感を感じられるイベント。

そんなイベントはたぶん作ろうと思えば作れるはず。

それはツールの進化を待つとかそういうのではなく、わたしたちの運用が変わることで実現できるのではないか。

それを探る為にも、わたし自身、まずはいろいろなイベントに参加し、いろんな人と交流していきたい。

今後、まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.以外でやっていくこと

そしてまちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.以外では。

独自のアプリ開発・ツール開発・書籍執筆など、やれることをやっていきたいです。SBCamp.やオンラインイベント運営などを通して身につけたことを、どんどん外部に発信していきたい。

ただ、テクノロジーと書籍って結構相性が悪いな と思っています。なので、Udemyなどでの動画配信も検討していきたいですね。

オンライン発信

そして、オンライン配信。

作業内容のログも兼ねて、展開できるものについては展開してみようかなと。機密が絡まないものについてはYouTubeへの配信を行っていこうと思ってます。

www.youtube.com

※ SBCast.の作業内容配信については、現在既に2月前半回までの編集は進んでいるため、最初から収録されるのは2月後半回の発信からとなります。

先日書いたゲーム配信とともに、今年は動画での活動も多くやっていきたいですね。

と、いうわけで

というわけで、まだ未定なところも多いですが、まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.と、業務やそれ以外の活動と、うまくバランスをとりつつ、やっていきたいですね。

ということで、2021年の高見知英にご期待ください。

*1:なにしろ今までゴールデンウィークは「どうせみんな家にいないでしょ」ということでイベントが避ける日だったものの、今年は「どうせみんな家にいるでしょ」になったわけですから

ノーミーツ劇 それでも笑えればを見てきました #劇団ノーミーツ

昨日12月27日(日)は劇団ノーミーツの演劇、それでも笑えればを見てきました。見てきたと言っても家からですが。

za.theater

劇団ノーミーツさんの演劇は初回の門外不出モラトリアムから毎回見ていますが、今回もまた楽しかったです。

Zoomで、リモートでの生活下での物語設定というのは、今だと共感する人も多いのではないかなあと思います。観劇中他の方がコメントされていた「他の人のZoom(ミーティング)をのぞき見してる感じ」というのが、まさにそんな感じ。

今回はお笑い芸人という人たちがこの状況下で何を感じているのか ということを感じることが出来、とてもよかったなと。

途中選択肢によって見えるものが変わってくる(他の観劇者のコメントによると、見える物語ごと変わったらしい)という仕掛けはオンライン演劇ならではだったな と。

続きを読む

今後SIDE BEACH CITY.でやっていきたいこと

このブログはまちづくり Advent Calendar 2020 - Adventar25日目のブログです。

さて最終日は、まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.で今後やっていきたいことについて書いていこうかなと思います。

まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.でやっていきたいこと

最近まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.を通してやっていきたいなと思ってることは、こんなところか。

  • オンラインで活動できる人を少しでも増やしたい
  • インターネット上にコミュニティを作り上げたい
  • 多くのコミュニティが交わらない理由を探りたい
  • 地域の特色を活かしたオンラインイベントを作りたい

オンラインの場の創造と、そこに集まる人を増やすこと。そして、オンラインでも地域を体感できるようなイベントを行うこと。

こんな感じを考えていきたいなと思っています。

続きを読む

都市型フェスティバル(等)ふりかえり

このブログはまちづくり Advent Calendar 2020 - Adventar22日目の記事です。

今回は、今年行われていた様々な都市型フェスティバルなどのワンデー以上のカンファレンスイベントについて、振り返ってみようと思います。

オンラインイベントの利点

今年は基本的にすべてのイベントをオンラインで ということで、様々な都市型フェスティバルやIT系イベントがオンライン開催となりました。

その結果、自宅に居ながらにして神戸や福岡、北海道や沖縄などの都市型フェスティバルや、大阪中心で行われているITイベントなどに参加できるようになりました。

個人的にはこうやって多くの人の意見や疑問に触れることができたというのは非常に良いことだと思っていて、なんだかんだリアルイベントでも話しに入り込めず浮いてしまいがちだったわたしには、非常に嬉しいことと思っています。

たしかに直接リアルイベントで会ってお話しすると、そこでしか見られないもの、話せないことなど、そこでなければ得られないものは多いのですが、その代わりに時間やお金など、失うものも少なくない。だから「知らないイベントには、まずオンラインで参加できる」という今の感じが、なんだかんだ心地よいなと思っています。

個人的には今後、来年以降も、こういったかたちでのイベント参加ができたらな と思います。もちろん今後、オフラインでのイベント開催などはまた、再開していくかもしれませんが。

今年行われた様々なイベント

今年行われたイベントで、自分が参加したイベントは、次のようなもの。

もちろんそれ以外にも2,3時間程度の短いイベントなどには沢山参加していますが、書き出したらキリがないため、この程度で。

  • 都市型フェスティバル
    • 078Kobe(5月/9月)@神戸
    • NoMaps(懇親会のみ)@北海道
    • 明星和楽@福岡
    • LEAP DAY@沖縄
  • その他地域イベント
    • 図書館総合展@横浜市中区
    • みどりオンライン祭り@横浜市緑区
    • QWS FES@東京都渋谷区
    • Open!みどりーむ@横浜市緑区
    • コミュニティフォーラム@東京都港区
    • SDGsオンラインフェスタ
    • Peatix24時間チャリティイベント Hello, New Normal ぼくらはオンラインでつながってる
  • IT系カンファレンス

オンラインイベントで使用された様々なツール

オンラインイベントでは、そのときそのときで様々なツールが使用されました。

こちらについても振り返ってみようかなと。

もっとも頻繁に使用されたZoom

オンラインイベントで使用されたツールと言えば、一番多かったのは、Zoomかな と。

発表者と参加者があつまり対話する形式のイベント、ウェビナーのように登壇者数名が話し、それ以外はコメントなどで質問を行うイベントなど、様々なイベントで幅広く使用されました。

個人的には特にウェビナーにはもっといいツールがあると思っていますが・・・ ただ、Zoomでのイベントの一番の魅力は登壇者と発表者の間の通信遅延の少なさ。

リアルタイム性を追求したイベントではZoomが多かったな と思います。

ウェビナーには、YouTube Live配信

また、ウェビナーの中には、YouTube Liveで配信されているものを視聴者は見るだけ というものも多かったと思います。

その場合も、視聴者はそれぞれの配信のコメント欄から意見や質問を投げかけることができ、ファシリテーター次第で参加している感を醸し出すことができました。

これら配信の背景には、ZoomやStreamYardといったツールを使用している例が多かったと思います。

それぞれのツールにYouTube Liveへの配信機能があるので、それを使用して配信 という感じ。

さらにStreamYardだと、配信サイトのコメントを配信スタジオサイトから閲覧・画面に表示することもでき、ファシリテーター次第でかなりライブ感のあるイベントを演出できます。

個人的にはこのへん、078KobeやPeatixライブイベントの没入感は目を見張るものがあったなあ と。

人によってはZoomの映像をOBSで加工して配信している という例も見受けられましたが、努力に見合うほどのメリットは得られなさそうだなあ という印象。

そのほか様々なツール

そのほかにも、様々なツールが使用されました。

とくにAirmeetやRemo Conferenceは、オープンなフィールドに並ぶテーブルのうち、どれかを選んで着席、その場にいる人とビデオ有りの会話ができるというもの。

078Kobeでは直前のカンファレンスの登壇者との歓談スペースやイベント終了後の懇親会、SDGsオンラインフェスタでは、関係する様々な人との交流に使われていました(AirmeetとRemo Conferenceの主な違いは、料金体系の違いくらいです)。

oViceやSpatial.chatはバーチャル空間の中で参加者と会話ができるサービス。距離の概念があり、近い人の声ほどよく聞こえるという、リアルの懇親会に近い感覚が味わえるサービスです。こちらも双方料金体系が違いますが、それ以外の機能は最近のバージョンアップによって大した差がなくなっているようです。

また、大規模なイベントで使われている例は見かけませんでしたが、Discordで声だけ参加のもくもく会をやっている場所もあります。こちらはカメラがないことからとくに身支度を必要とせず、PCのスペックを要求することもないため、また新しいイベントのスタイルだなあと思いました。

サービス自体がiPhone専用なので参加できませんでしたが、DABELでの談話室 というものも良さそうだなあと思いました。まあプラットフォームを固定してしまうので、だったらDiscordでも・・・という気はしますが。

様々なイベントのかたち

オンラインのイベントにも様々な種類があります。

討論型のワークショップやセミナータイプの勉強会や発表会、果てはパブリックビューイング会場としてオンライン会場を使うなど、様々なタイプのものが存在しました。

このあたりもオンラインイベントの多様性を特徴付けるものだったと思います(リアルイベントだと大抵ワークショップかセミナーの二つくらいしかないので)。

ただ、面白い取り組みをやっているところはあっても、それが他のイベントで使われている ということはなく、あまりあちこちに波及していなかったのはちょっと勿体なかったかな。

078KobeやPeatixイベントの没入感あるコメントの表示方法や、Airmeetを使った交流会・カンファレンス登壇者との歓談スペースなど、面白い取り組みが、もっと色々なところであれば、もっと面白いものも生まれてくるだろうなあ と思いました。

まあ、このあたりはまだ、主催者もみんななんだかんだ手探り。今後もっと、面白い取り組みが出ていくんだろうなあ と思います。

ITコミュニティと地域コミュニティの交わり

ところで以前わたしがゲスト出演したラジオ、Automagic.FMのやすひささんが次のような記事を書いていました。

yasuhisa.com

付箋紙に話の内容を書いていって、対話を生み出すという手法、面白い取り組みだなとは思ったものの、考えてみればそれは、地域コミュニティイベントでときどき行われるワールドカフェと同じようなものなのでは?と。

そういえばIT勉強会でこのようなワールドカフェが行われた事例はあまり聞いていないので、単純にそういった文化が今までITコミュニティになかったということなのでしょうか。

ただ、もしワールドカフェのような手法が考慮されてなかったとしたら、それはそれで勿体ないなあと思いました。

ITコミュニティからもリアルイベントという手段が封じられて、やっとそういう選択肢がみえるようになった ということなのか。

それはなぜ、地域コミュニティから伝わってこなかったのか。

そう思うと、ITコミュニティと地域コミュニティは、もっと混ざり合ったら良いんだろうなあ と思います。

お互いにたぶん「そのコミュニティにしかない特色」というものを持っていると思うので。

そういった特色を交換し合い、共有するためにも、お互いのコミュニティがもっと混ざり合う必要がある。

そうしたら、もっと新しい何かが見えてくるのかもしれない。そこに、より面白く、臨場感のあるイベントの手法があるのかもしれない。

来年に向けて、より二つのコミュニティが混ざり合っていけば、そのための手助けができればよいな と思いました。

不思議のダンジョンは人生である

このブログはゲームなんでも Advent Calendar 2020 - Adventar18日目のブログです。

以前DevRel Meetupに参加してそのようなことを言ったら「是非ブログに書いて」と言われたのをすっかり忘れてたので、あらためて。

今やゲームジャンルの一つになっているローグライク。その草分け的存在として、不思議のダンジョンシリーズがあります。

ja.wikipedia.org

原作(?)のトルネコの大冒険風来のシレンの他、ポケモン不思議のダンジョンチョコボの不思議なダンジョンなど、派生作品も非常に多く出ています。

わたしはトルネコの大冒険からはじめ、風来のシレンポケモンチョコボなど、一通り最低限は触ってみています。最近だと不思議のダンジョン 風来のシレン5plusとポケモン不思議のダンジョン 救助隊DXあたりがありますね。

f:id:TakamiChie:20201206125446j:plain
風来のシレン5plus

f:id:TakamiChie:20200513175216j:plain
ポケモン不思議のダンジョン

不思議のダンジョンは人生である

で、本題。

この言葉の真意は、「不思議のダンジョンには人生と同じようなものを感じる」ということ。階層=年齢で、序盤は事故による死亡が多く、中盤は落ち着くものの、30階あたりからはなかなかうまく進めなくなってくる。

攻略Wikiなどの他者の活動メモは強力な資料ですが、それでもヒントにしかならず、結局は自分の判断だけがものをいう感じ。失敗してもそうそうやり直しは効かず、うまく軌道修正しつつも続けるしかない。このへんはまさに人生そのものだな と思っています。

様々なトラブルに備える

様々な事故に常に備える というのも不思議のダンジョンの醍醐味の一つ。

f:id:TakamiChie:20200513183848j:plain

突然ピンチに陥ったり…。

f:id:TakamiChie:20200513175217j:plain

油断が大きなトラブルに発展したり…。

こういうときのトラブル対策の考え方は、現実のトラブル対策にも通じるものがあると思います。

ゲームはシンプルにものを考える手助けになる

不思議のダンジョンのみならず、ゲームはシンプルに物事を見るヒントになり得る、と思っています。

たとえばファイアーエムブレム風花雪月のスキルレベルの仕組みや資格試験のシステムは、「学校教育ってどういうもの」「資格試験ってこういうもの」というものを考えるきっかけになりました。

f:id:TakamiChie:20200514165033j:plain

その他にも、すべてのパラメータを数値で表現するシステムというのは、現実を見る際のものさしにもなるのではないかと思っています。

もちろん、かならずしも現実のものさしになるとは限りませんが、一つのヒントとして、ゲームというのは有効なんじゃないかな と。

ゲームキャプチャー導入記録

このブログは、ゲームなんでも Advent Calendar 2020 - Adventar15日目の記事です。

さて、さっそくですが表題の通り、ゲーム用のキャプチャ機を買いました。

AverMediaのAVT-C878 PLUSというものです。うちのPCはメモリこそ32GB積んでますが、グラフィックボードを積んでないため、ハードウェアエンコードができるここら辺がちょうど良いらしい。

実際に繋いでみると非常に好調に動いており、多少の遅延を許容できるのであればPC上でゲームをやることも可能です(数百ミリ秒ほど遅延します。また、PCの負荷によってはそれ以上動作が重くなることもあります)。

続きを読む