高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

オンライン懇親会に思うもの

最近オンラインの勉強会が増えるとともに、徐々にオンラインの懇親会も増えています。オンライン会議ツールで参加者複数人をつなぎ、対話をするというもの。 主にDevRel/Communityや先日のTech-on Meetupなんかでも行われていました。

オンライン懇親会に使われているツールは、大体次の二つだと思っています。

また、先日のビデオ会議ツール勉強会では、おためしでdiscord部屋というものを作ってやっていました。わたしもDiscord部屋にずっと常駐して話をしたりしていましたが、絵結構面白かったなあ と。

どれを使えばいいのだろう?

さて そんないろいろな懇親会環境があるわけですが、結構それぞれに特徴があって、そう簡単に「これでいけばいい」というツールがないな というのが個人的な感想です。

わたしとしてはZoomのブレイクアウトルームが一番好きですが、そうでない人もたくさんいそうですし。懇親会の場の意図やイベントで目指したいものによっても変わってくるのかな と。

Zoomブレイクアウトルーム

まず昔から割とよく見かけていたのは、Zoomのブレイクアウトルームをつかうというもの。

Zoomには参加者を何人かの小部屋に分割して話してもらう というブレイクアウトルームという機能があり、ホストの機能で有効にすることによって、たとえば参加者20人を5人ずつの部屋に分けるとかいう運用が可能になります。

そこでとりあえず話してもらって、あとで戻ってきてもらおう という形式。最近IT勉強会コミュニティではなりを潜めてきましたが、NPO系のオンラインミートアップや先日行われていた教育系のオンラインイベントなど、トークディスカッション系のイベントで良く使われています。

Spatial.chat

こちらは画面上のあちこちに自分を示すコマを置き、周辺の人とだけ話ができる というもの。

カメラ・マイクデバイスの切替えができずブラウザの設定依存になるなど安定していないところが多いですが、比較的いままでの懇親会に近い空気感を作ることができるというツールです。

f:id:TakamiChie:20200530130643p:plain
Spatial.chatのようす(写真に写っているのは全部自分です)

遠く離れれば離れるほど声が小さくなる という、割とリアルな懇親会に近いもの。

最近のイベントだといくつか部屋を分けて(管理者があらかじめ領域を決めて)、みんな興味のある部屋に行って話す という形式が多いです。

Discord

そしてわたしが試していたのは、Discordのボイスチャンネルに歓談部屋を設けるというもの。実際ビデオ会議ツール勉強会ではちょっと人が集まって話ができたな という感じ。

話が合わないなと思ったらボイスチャンネルを移るということもできるし面白そうではあるのですが、Discordにはアカウントの登録が必須(必須ではないという噂も聞いたのですが、どうなのでしょう?)なので、ちょっとハードルが高いのが難点。

マイクは一つしかない

オンライン懇親会の課題は、「同じ場所にマイクは一つしかない」ということ。

オフライン懇親会だと場所を離れることで複数の話題を同時進行させるということも可能ですが、オンラインだとそれができない。

どんなに離れてもみんな同じマイクを使ってしまうため、その部屋で行われている話題とまったくちがう話題を話したいなあと思っても、話せないということ。

それをどうにかするためのツールとしてSpatial.chatみたいなツールもあるのですが、ちょっとまだまだ不安定なのと、あくまで「現状β版」みたいなものなので、今後どういうプランでの提供になるのか分からない ということころが気になります。

Zoomのブレイクアウトルームは、小部屋をいくつか作ることにより、別々のマイクを作ってしまう というもの。

違う部屋の声は当然聞こえてこないので、それぞれの小部屋ではそれぞれの小部屋で自由に話しをすることができます。

基本的に孤立しがちな自分としては・・・

わたしは、IT勉強会には比較的頻繁に出席していますが、基本的にはIT系の会社で仕事をしたことはありません。

なので、テクニカルな話題が出てきてもそんなに上手く話しには入れず、孤立してしまうことが多いです。

現状Spatial.chatについてはまだ使い慣れていない人も多く、その人たちと話せることが多いのは助かっていますが、こういうイベントが一般化するとまたわたしが孤立するイベントも増えてくるんだろうなー というのが不安なところ。

いっぽうZoomなどだと、強制的に小部屋に分けられてしまうので、無難に誰でも入れる話題から入らざるを得ない。

すると、とてつもなくテクニカルな話題になったりせず、わたしにも会話のチャンスが回ってくることが多い。個人的にはZoom懇親会の利点はここかなあと思っています。

もちろん逆に、「懇親会で濃いい話しがしたい!」と思っている方にはフラストレーションの溜まるものになってしまいそうですが・・・。

懇親会でやりたいもの、懇親会で得てほしいものによってツールは変わる

そのため、懇親会でやりたいものによって、ZoomかSpatial.chat、あるいは他のツールに分かれていくのかなあ というのが個人的な感想です。

せっかくオンラインでも勉強会をやるのなら、ちゃんと交流にもつながっていったほうが楽しいですし、思い出にも、事後コミュニティの形成にも繋がりますね。だからこそ懇親会もある程度はやってほしいなあ というところ。

ビデオ会議ツール勉強会を開催しました

先日のブログで書いたとおり、一昨日5月23日(土)の夜、ビデオ会議ツール勉強会を開催しました。

yokohamait.connpass.com

今回はまちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.とは特に関係なく、独自のイベント開催。

まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.ができて以降、このようなスピーチのある勉強会を独自に開催したのははじめて。

いままで横浜IT勉強会として人を招いてここまでのイベントができたことはなくちゃんとできるかどうか非常にドキドキでしたが、結果60名近く(YouTubeのユニークユーザー数より)の方にご覧いただいたようで、とてもよかったです。

これもスピーチを快く引き受けていただいた格闘系司書さん、アンドウさん。ディスカッションゲストという一見してよくわからない役割での参加を引き受けてくださったkobakeさんのご協力があったからこそだと思います。

ご登壇いただいた皆様、ありがとうございました。

続きを読む

ビデオ会議ツール勉強会を開催します。

前回のブログでもちょっと言及しましたが、この度ビデオ会議ツール勉強会を開催することにしました。

yokohamait.connpass.com

当日の内容は、YouTubeで配信予定。是非興味ある方はご視聴ください。

また、自分たちの勉強会のノウハウを発信してみたい という方、うちはこうやったなどの体験報告などをしたいという方、是非スピーカー枠として参加していただければと思います(connpassにTwitterアカウントが関連付けられている方はそこから、それ以外の方はアンケートフォームに記載の連絡先からスピーチ内容を確認させていただきますので、登壇希望の方で、Twitter連携がなされていない方は連絡先の記入をお願い致します)。

また、今回は登壇者の直接の意見交換もできればと思っています。スピーチはできないけど意見交換に参加したい という方も若干名募集しております。興味がある方はこちらにご参加ください。

やること

最近この状況もあり、ビデオ会議ツールは非常に良く使われるようになりました。

ZoomやCisco Webex、Microsoft Teamsなど、いろいろなツールが使われています。

これらのツールについては、比較記事もときどき公開されています。

forest.watch.impress.co.jp

今回の勉強会では、これらの比較記事には載っていない機能や特徴、どういうところに向いているのか、どういうところに注意が必要なのかを知る、勉強会です。

開催方法は検討中ですが、最近078Kobeなどで使われた、StreamYardなんかも利用を検討中。

続きを読む

078Kobe #078Kobe

先日5月2日3日は、神戸の方々が中心となって開催した、078Kobeというイベントに参加しました。

2020online.078kobe.jp

このイベントは、もともと2017年からこの時期に開催されているオフラインイベントで、映像・音楽・食など様々なものに関するカンファレンスや展示などのイベントが合わさった合同イベント。今回はオフラインイベントが開催できなくなったため、できるものだけでもオンラインにということでオンライン化したイベントとのこと。

結果、clusterやStreamYard、Zoom、Airmeetなど、様々なツールを使った大規模なイベントになりました。

続きを読む

オンラインのチカラ

ここ最近はウィルス感染拡大の騒ぎもあって、様々なイベントが中止・延期になっています。

まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.も、開催イベントについては基本的に中止またはオンライン開催への移動を行っています(まあ、実際はそのぶんオンライン会議が増えた結果、イベントを開いている時間がなくなって中止 というのもあるのですが)。

sbc.yokohama

わたし個人の方はというと、とりあえずNPOの仕事が減った分、フリーランスの仕事に割ける時間が増えただけなので、特に変わりはないです。

もともとプログラミングは在宅で行っていましたし、自分は元々家の方が仕事が捗る(コワーキングスペースなどで仕事ができない)タイプでしたので、そちらも変わらず。今後なんらかの形で影響が出てきてくるような気もしますが。

IT関係イベントはというと、この騒ぎもあり多くのIT勉強会が中止になりましたが、オンライン化を行ったことで、イベント数自体もぼちぼち回復してきています。先週までは実際フリーランスの業務が忙しくてあまり参加できなかったのですが、今週からはぼちぼち参加できるかな。

何個かイベントに参加したり、発表をしたりしてみて、非常にいい感想をもっています。

  • 移動時間や終電・終バスなどを気にしないで済む
  • なにより参加者の方と比較的対当にお話しできる*1
  • スライドのある勉強会では、資料が画面共有で見られるので、オフラインイベントと違って資料が遠くて見えないとか、光の加減で読めないとかいうことが無い
  • 発表をする場合、自宅の潤沢なリソースを利用できるので、デモや事例紹介がやりやすい

最近は、「オンラインイベント、結構いいな」と思っているところです。

オンラインの可能性

また、オンラインイベントは「普段あまり興味のないカテゴリのイベントに、気軽にアクセスできる」という利点も秘めている。

たとえば先日は、医療関係者の方々が、「SNS医療のカタチ」というYouTube放送をやっていました。

www.youtube.com

その他にも、わたしが以前イベントでお邪魔したこまちカフェも、今度オンラインイベントをやる模様。

www.facebook.com

また、自分は情報をキャッチするのが遅れてしまったので見られませんでしたが、学会発表をオンラインでやった場所もあったとか。

こういう情報に地理的・心理的な問題を気にせずアクセスできるようになる というのは、とてもよいな と思います。

情報を得るのに地理が関係なくなった世界

久しぶりにFacebookでシェアされてたので気付きましたが、以前「人の見識は交通の便に影響するかも」という話しを書きました。

blog.onpu-tamago.net

ただ、オンラインでのイベント開催が盛んに行われるようになると、交通の便はそれほど重要な問題ではなくなる。

地理的に情報にアクセスしづらい人も、関わろうと思えば比較的容易に技術情報や、その楽しさ、他人の考えに触れることができるようになる。

これはとても面白いことだな と思うのです。

もちろん、オンラインで発信されていない情報は、相変わらず個人ではアクセスしづらいですし、それでも本当に興味のない情報はそもそも当人に見えてこないのでアクセスできないのですが。

もっといろんなジャンルのイベントを開きたい。多くの人にオンラインの可能性を感じて欲しい。

わたしは、もっといろいろなジャンルの情報が、オンラインで入手できるようになるといい と思っています。

たとえば地域の情報、おいしいお店などの超ローカルな情報から、子育てに関する情報、公園や美術館など地域施設の話し、地域行政の話しなど、ひょっとしたらブログで書いている人もいるかもしれないけど、映像で見ないとどうにもピンとこなかったり、興味のない人には引っかからない場所にしか書かれてなかったり。 そんな情報が、オンラインイベントにすれば案外見つかるんじゃないかという気がしています*2

そして、それを見てより多くの人が「オンラインで、ZoomやSkype、discordなどを使えば、こんなことができるんだ」ということを感じて欲しい。

それは、ITリテラシーの向上を図る、わたしたちまちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.の目的とも合致しています。そうやってオンラインツールをもっと活用すること、オンラインツールの可能性を知ることが、結果ITツールをちゃんと使える人を増やすことに繋がっていく。

今回の騒ぎは、事象自体は良いことではないけれど、その点ではちょっと期待をしています。

インフラ面などに残る大きな問題

ところで、ちょっと前Twitterで、「オンライン授業が禁止された街」の話を聞きました。

www.facebook.com

理由は「オンラインにすると、Wi-Fi環境を求めて学生が家を出てしまうから」とのこと。

実際わたしも、まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.の内外で家に固定通信環境がない人とたくさん話しているので、そういう環境があるんだな ということはわかります*3

技術を使う というのは非常によいことなのですが、結局どこかで、その環境を持っていない人に合わせなきゃいけなくなる局面が来る。

それを今まで放置していたツケが今来てしまった というのは、残念でなりません。

ただ、今回それが浮き彫りになったことは、ひとつの発見だったのかなと思います。二度とこういうことが起こらないよう、認識を変えていかないといけない。

そのためにも、今できる限りの人がITに触れる。オンラインツールの可能性に触れる。

それが今できることなのかな と、思っています。

ITとの関わり方、ITの活用方法がちょっとかわった未来を目指して

今このような事態になって、仕事の仕方も、捉え方も、ITツールの使い方も、すべてを考え直す必要がでてきた。

昨日Zoomのイベントでそんな話をしていました。

不用意に外に出られなくなって、可能であればリモートで仕事をするようになって、いろいろなものの捉え方、考え方が変わっていく時期になっている と思います。

だからこそ、この騒ぎが収まったとき、もうちょっとITツールを使える人が増え、もうちょっとオンラインの可能性が認められる世の中になればよいな と、わたしは思います。

*1:わたしは基本的に本職としてプログラマをやったことがないので、現場の技術などの話題で集団ができてしまうと話の輪に入れず孤立しがち

*2:あと、イベントにすれば間違ったことを言ったとき、外部から指摘が届きやすくなる という可能性もある気がしています

*3:もちろん、その中に学生さんがいる ということも

Webの力

先日3月11日(水)、DevRel/Online #1 〜初のオンライン開催〜というイベントに参加してきました。といってもオンラインのイベントなので、とくに「参加してくる」というのもないのですが。

devrel.connpass.com

今回はオンラインイベントということで、自宅からCisco Webex MeetingsというWeb会議システムで参加。オンラインイベントの取り組みや注意点、ツールについての紹介。

オンラインベースのイベントについてはわたしたちまちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.も検討しているところですので、非常に参考になるお話が聞けました。

終了後の意見交換では自分の活動についてなどお話することもでき、楽しかったです。

続きを読む

講演会に資料は必要か

講演会に資料は必要か

最近地域関係の講演会で、せっかくプロジェクタを用意しているのに、出すのは自己紹介のスライドだけ。

以降は講演者がひたすら話す ということがあります。

周りの人たちの聞く様子などを見ていて思ったことがあったので、ちょっとこちらに書いてみます。

個人的には、必要だと思う

講演会に資料が必要か否かというと、個人的には必要だと思ってます。

実際今回のイベントをとおして見ていて思ったのは、発表資料がないと、ちゃんと話を聞こうという参加者の視点は、みんな自分の膝上に行ってしまうということ。みんな膝なり机なりでメモをとってしまい、せっかくの発表を聞いてくれない。

いや、聞いているからこそ書いているんですが、書いていることに忙しくなって、発表していることの真意まで考えて、飲み込んでくれない。今回地域イベントで話を聞いていて、それはとてももったいないなあ と思っていました。

Amazonは「PowerPointは要らない」と言ったけど・・・。

そういえばこのへんについては、Amazonが昔PowerPoint禁止令を出していました。

bunshun.jp

ただ、個人的には不特定多数の方を対象とした講演会では、これは全く当てはまらないと思っています。

AmazonPowerPointを使わないでプレゼンする場所では、相手は同僚や取引先などの、「こちらの話を真剣に聞いてくれ」て、「それについて話し合う時間がちゃんと確保されている」もの。

地域のイベントやIT勉強会などの場は、話をそこまで真剣に聞いてくれるとは限らないし、その後話し合いの十分な場が確保できるとも限らない。だからこそ、ちゃんと資料で最低限「こういう趣旨の話をします」ということを明示しておくことが、大事なのかなと。

資料を公開するということ

そしてもう一つは、その資料が持ち帰れることが、事前にわかっていること。

資料の持ち帰り可否がわかっていないと結局、参加者としては「気になるところは全部メモする(か、写真を撮る)」しかないんですよね。

ベストは印刷資料で配って、必要な部分だけ各自書き込んでもらうかもしれない。

ただ、それをすると印刷費もかかってしまうし、事前申込みが必須でないイベントなどだと資料を用意する側も大変。さらに資料に書き込む気がない人や、そもそもそこまでガッツリ聞くつもりがなかった人にはただの荷物になってしまいます。

だからこそちゃんと事前に資料公開を明示した上で話していくこと(少なくとも資料に書いてあることはメモしなくていいよ と参加者に宣言しておくこと)が重要なんだろうなあ と思いました。

事前に配れるのであれば、それもいいかも。

可能であれば、当日の式次第や案内に、資料のダウンロード方法を紹介してしまう というのもありかもしれません。最近ならPDFへの書き込みが気軽に行える環境もありますし、資料に自分の意見を直接書き込める上、荷物にもならないのでよいでしょう。もちろん参加者がそれらを扱えるリテラシーを保持していることが条件になりますが(ただ、そこまでリテラシーがない人は「あとで印刷して読んでね」でもいいような気はする)。

それに、講演会の会場って結構広いので、席によっては文字が読めなかったり、印刷資料も時がつぶれて結局読めなかったりする。そういうときズームサイズを自由に設定できたり、必要に応じて単語を調べたりできるデータがあるといいですね。

主催者側としては、登壇者から事前に発表資料を回収したり、公開フォルダを用意したりと手間が増えてしまいますが…。個人的にはそうなっていると、講演会参加者としては楽だし、話を聞くことに集中できていいなあ と思います。

自分がイベントを主催するときは、そういう資料公開の仕組みを考えておこうかなあ などと思いました。