読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

七福神巡り(後編)

雑記

昨日、今日と、七福神巡りの続きをしていました。昨日で終わらせる予定でしたが、途中で道に迷ったためのこりを今日やることに。
前半四つは国道沿いでもあり、迷うこともありませんでしたが、後半三つは山沿い。わたしのあまり行ったことのない場所です。新聞に書いてあった地図がミニサイズ過ぎてよく分からなかったのもありますが、かなり迷いました…。

しかし、いろいろな場所を歩くことが出来、楽しかったです。

晴れたらもっときれいだとは思うけど…。こんなところから見る町並みはきれいです。やっと登りついた という気がしますね。
しかし、こんな高所の家に住んでる人は、毎日こんな坂を上り下りして、学校に行ったり、会社に行ったりしてるんですねえ、ここに住んでる人は、さぞ足腰が鍛えられるでしょうねえ、腰が痛くなってしまいました。


さて、ついでに、先日閉まっていて入れなかった公園にも行ってきました。この公園は下に遊具がありますが、上は明治〜大正期の有力商人の家、現在は記念館として一般公開されています。


大正期の家なんてこの目で見たのは初めてですね、まあ、この家の人は相当お金持ちだったようですが、結構豊かな暮らしをしてたんでしょうね。今想像してみると、結構楽しそうです。


帰りはすっかり日が暮れ、夜になってしまいましたが…。

通りの家の明かりがとても明るく見えました。こういう道を見るとほっとするんだろうな。あいにくこれは、家からちょっと離れたところのものですから、仕事帰りにここを通るなんてことはまずないと思いますが。
まあ、それはともかく、これで七福神巡りは終了。色紙は完成しました。
最後に一個だけ別の日になってしまったので今ひとつ達成感がありませんでしたが、久しぶりに町内あちこち歩き回れたし、いつもは行かないような場所にも行った。改めて町のきれいさを確認できましたしね。良かったです。