読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

横浜市南区みんなの「わっ」フェスタの中継を行いました

コミュニティ活動 イベント

このブログは、まちづくり Advent Calendar 2015 - Adventarの六日目です。

以前にも少し触れたとおり、横浜市南区みなみ市民活動・多文化共生ラウンジで行われた、みんなの「わっ」フェスタのイベント中継を行いました。今後に向けての収益化模索ということで、今回からは自分ではなく、まちづくりエージェントSIDE BEACH CITY.の事業として、行うことになります。

去年、おととしの放送は、以下のサイトより見ることができます。minamifesta.hama-commu.net

前回までと同様、Liveshell&通常のビデオカメラ&三脚とかその他諸々で行いました。回線だけは、MR03LN with ぷららモバイルLTE→MR03LN with FREETEL SIMに変更となっています。消費容量はおおよそで2GB未満でした*1。今後配信される方の参考まで。

YouTube公開

YouTube公開した映像については、ビデオカメラで録画した映像(に、一部Ustreamで録音した音声をミックス)です。Ustream側でも録画はしているのですが、ネット越しでどうしても画質が粗くなってしまうため、基本的にはバックアップ用途としてしか使っていません。ただ、今回はUstream用マイクとビデオカメラの位置が離れていたので、両方の音声を使用しています*2

ミックス作業は多少手間でしたが、今回大きなトラブルもなく、非常に楽な配信ができたものだと思います*3

当日手伝って頂いた方

当日手伝って頂いた方は、以下の通り

  • SIDE BEACH CITY.
  • 南区社会福祉協議会の方(一部司会)
  • おもしろ科学たんけん工房の方(カメラ回し)
  • みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ大学生ボランティアの方(カメラ回し)
  • フリースペースみなみ生徒の方(ゲストの方々との連絡係)

今回は負荷軽減やスキル展開という意味もあって、なるべく全ての作業を交代でやるようにしていましたが、担当者によって対応が異なることもあり、あらためてスキル共有の大切さに気付きました。マニュアル化や事前の調整・スキル共有を目的とした勉強会などが必要だなあ と思います。

あと機材も。今回は今までの流れもあり古い三脚を使っていますが、もうちょっと動画向けの三脚が欲しいですね(ちょっと高いけど・・・)。

地域イベントを配信するということ

去年も同じようなことをかいていたと思いますが、地域に自分たちのような技術コミュニティの人が関わるのは、とても大事だと思います。
そのためのきっかけとして、このような配信があれば。これが今回のイベント配信を続けている目的の一つです。

ただ、それだけでなく、地域の人々にもこういう手法があることを知って、自分で配信をやって欲しいですね。横浜にはいちおう横浜市民放送局などもありますが、中区周辺がメインで、こちら側を主として活動している人がいませんので。


このように地域の情報を発信し、興味のある人たちにも来てもらえるようにする。そしてそれをとおして、地域の人が配信に関わる権利や機材について知ってもらう 結果、地域の人がデジタル技術に親和性を持ってもらえれば良いな と思います。

とはいえ・・・

とはいえ、配信に関する機材にはお金がかかるのも事実。今回は初代Liveshell+ビデオカメラ+クレードルつきモバイルルータでなんとかしのぎましたが、Liveshell2やPro、Livewedgeやマイクを接続できるビデオカメラなど、揃えたいものはいっぱいあります。全部の機材をあわせると軽く30万くらいはかかる(Liveshell関連については、レンタルもできるようですが…)。
この費用を捻出するためにも、このようなイベントの収益化も考えていきたいです。むしろそのために、個人でなくまちづくりエージェントSIDE BEACH CITY.としてこの放送に取り組むようにしたわけで。

今後に向けて

とりあえず今回は、録画の公開も完了したので、とりあえず作業は終わり。関わって頂いた皆様、ありがとうございました。
今後のイベント配信や、収益化についても考えていきたいですね。

*1:MR04LNは、購入したのですが準備が間に合いませんでした。こちらについてはのちほどブログに書こうかと思います

*2:うちで使っているビデオカメラにはマイクの入力がなく、マイクはLiveshellに直結しているため、カメラで録画した音声とUstreamに配信される音声が異なる

*3:三年目にもなってミックス作業にも慣れたか、音声を寸分違わぬ位置に合わせることができたのは、我ながらびっくりです