読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

帰ってきました

 田舎*1から帰ってきました。今度は台風も来ず(横浜は大変だったらしいですね)、無事お祭りも見られ、とても楽しかったです。鶴市(花傘鉾)祭りというもので――というのはまあいいですね、その辺は興味があれば探して頂くということで。今後はおそらくこの時期に帰省など出来なくなりますので、とても良かったです。

一面の田んぼ

 さて、わたしの田舎は、辺り一面が田んぼです。それでも少し町に行けば、巨大商店群があり、不思議なバランスのとれた場所です。静かであるのに、買い物にもそんなに困りはしないという…。距離の感覚もこちらとは違って感じられます。ちょっとそこまで散歩のつもりが、30分も歩いていたり…。

 横浜より南ですから暑いはずでしたが、周囲にエアコンがあまりないせいか涼しく、過ごしやすかったです。散歩中はさすがに暑かったのですが、こちらで感じる暑さとは、何となく違う感じがしましたね。

ここは写真の通り、森の中に空洞があり、トンネルのようになっています。探せば結構ある場所だとは思いますが…。近所ではまず見られない光景です。

夏祭り

 上でちょっと書いたとおりのお祭りで、800年以上の歴史があるお祭りです。夜店や花火大会、御神輿の川渡りなどもあり、大きなお祭りでした。
何より、花火を間近で見たのはとても久しぶりです。きれいでしたねぇ。

テレビ番組の変化

 そうそう、去年あたりからもうそうなっていたのですが、大分でもテレビ放送がこちらと同じように見られるようになりました。一昨年あたりは、連続ドラマの場合一回分ずれて放送されていたのですが、現在はテレビ東京を除きほぼ全局の内容が見られます。変わったものですね。

寝台特急

 わたしは帰省の時にはなるべく寝台特急を使用しています。最近はロビーカーや車内販売などもなくなってしまい*2、かなり「寝るだけ」になってしまっていますが、それでもゆっくり帰ることが出来ます。コンセントがないのでノートパソコンは使えませんでしたが、周囲の風景を見たり、本を読んだり。ゆっくりできました。
ロビーカーがないのは残念でしたけどね…。以前寝台車で知り合った人と話をしたことがあるので、そういうのをちょっと期待していたのですが。


 さて、帰ってみたらAnywareの移転やら、いろいろあったようですねぇ。学校もあるし、試験もあるし、忙しい日々は続きそうです。

*1:念のため書きますが大分県、中津のそばです

*2:車内販売は二日目の朝に少しだけ。自動販売機もあります