読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

Android基礎勉強会を開催しました

プログラミング イベント

7月24日(水)・7月17日(水)は、横須賀市産業交流センターにて、Androidの基礎勉強会を行いました。
内容は写真の通りのアプリケーションの作成。上のEditTextに書いた文字列を、ボタン押下で下のTextViewに複写する という単純なもの。仕組みが分かってる人からすると10分程度で完成してしまう簡単なアプリケーションですが、結構時間がかかりました。これでも2時間+2時間で4時間ですから。


当日の進行は、資料を見せて、必要応じてこれとEclipseの画面を切り替えながら進行。途中に指でコードの状況などを指示したり、質疑応答に答えたり。結構大変でしたが、他ではなかなか体験できない形式の授業が出来たかなと。

というわけで、当日の資料

アプリケーションのソースコードは、Bitbacketに公開しています。公開するほどのものではないかもしれませんが。

当日の講演風景を収録した動画については、現在編集中です。来月の頭にはアップロードできると思いますので、お待ちください。

感想

とりあえずの感想としては、やはりこういうものは、ネット上にある文章や書籍だけではダメ と言う人もいるんだな と。
最近になってAndroidの技術情報はネットに溢れていますし、関連書籍も結構な数が出ていますが、まだまだそれだけでは満足できない人は居るんだよなあ と。

資料の最後にも書いてありますが、Androidのアプリケーション開発では、Java言語の仕様だけでなく、Eclipseの機能、ADTの追加機能、AndroidフレームワークAPIやライフサイクルなどなど、様々なことを覚えないといけません(しかも、最低限実用的なものを作るだけでも)。考えてみればとりあえず開発環境と言語のことだけ覚えれば最低限のプログラムだけは出来たころとはえらい違いです。

まあ、だからこそ、こういうかたちで、リアルな講座が今こそ必要なんでしょうね。


今後も、こういう様なかたちで、講座を開いていければ良いなあ と思います。