読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

IT勉強会主催者として、わたしがやりたいこと

わたしがIT勉強会の主催としてやりたいことは何か。そういえば、リストアップのようなことをしていなかった気がします。

ほんとはネットラジオでもすれば? とも言われたりしていたのですが、しばらくは時間がとれそうにもないので・・・。
明日は勉強会カンファレンスですし、こうやってひとまずブログの記事にすることから。そのうちまとめてどこかに書いたり、しゃべったりするかもしれません。

集まっていろいろ話したい

まず、これが大前提。自分に話が合う人と、日常的にはなせる場所がほしい。
わたしは、ご存じの方はご存じの通り、IT系とはいえあまりプログラミングが積極的に関わってこない仕事をしています。
なので、会社には技術者は決して多くなく、あまり話は合いません(まあ、それ以前に、コミュニティ的な話ができる人がいない というのもある。コミュニティ大好きな人と仕事好きな人は、話が合わないものだなあと思います)。

なので、こういうIT系の話を好きにできるのは、勉強会の場だけ。だからこそ、できるだけ近所に、そういった人のつながりを作りたい。

わたしのやりたい「ネタ」

明日の勉強会カンファレンスでも話しますが、勉強会のネタとして暖めているのは、以下のようなもの。

  • 平日夜間に行うイベント/勉強会
  • 技術専門職でない人向けの便利ツール勉強会
  • ライトニングトークオンリーイベント
  • スマートフォンの扱い方に関する勉強会
  • Androidプログラミングの勉強会
  • CMS(MODx)の勉強会
  • 学生向けの勉強会
  • 勉強会技術の勉強会
  • プログラミングお披露目会
  • ひとつのことがらについて話す、グループディスカッションイベント(Webカメラでの中継あり など)
  • コーディングパーティ ハッカソン

そのためにほしい「人」

イベントをやるためには、やはり「スタッフ側」で固定的に参加してくれる人が必要。スマートフォン懇親会くらいなら、何とか自分一人でもできなくはないし、もともと勉強会慣れしてる人が来ることが多いので、あまり構えることがない。
でも、それ以上のことは、なかなか難しい。特にスピーカーが必要なイベントは一人じゃどうしようもない。
だから、こんな人が最低限ほしいなあ と思っている。

  • 平日夜イベントのセットアップができる人
  • 一緒に企画を練ってくれる人
  • 会場探ししてくれる人・会場のネタを持っている人
  • それぞれの勉強会に参加・スピーチやってくれる人
  • イベントの常連さん

本当なら、最低限、月に一個はイベントを自分の手でやりたい。でも、それほど人がいないし、なかなかでかいことができないのが痛いところ。どうすればいいのやら。
勉強会カンファレンスで、その先の横浜のイベントで、いいきっかけが掴めればと思います。