読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

発表

今日は卒業研究の発表会。プレゼンテーションはメンバーのみんなと一緒に作りましたが、発表はわたし一人。がんばりました(^_^;
わたしは特に、そういう場に出てもあがらない・・・というより、(自分のことで精一杯だからか)周りを気にしてないので、場による緊張などは特にありませんでしたが、言いたいことをちゃんと伝える ということで結構緊張しました(>_<)
まあ、まだまだまともな発表会の経験が少ないので、もっと経験を積めばうまくなっていく…と思います。何にせよ練習よりうまく発表ができ、良かったです。楽しく――というのも変ですが――発表ができました。
練習時間の不足で覚えきれないのと、わずかな失敗をしたときに崩れるのをおそれて、今回はわざと完全な原稿を作らず、プレゼンテーションをプリントアウトしたものに適当に追加するべきキーワードを書いてみただけ、実際の言い方や接続詞などは完全にアドリブ…という方法でいったんですが、一応の成功といえるレベルにはなったようです。失敗したときがとても恐ろしい方法ではありますが…。
結果下級生にも割と伝わったようですし、よかったよかった(*^_^*)まあ、寸評はまだ聞いていないですが、先生に聞いた話では割と好評だったようです。

それにしても、こういうのは結構覚えられるものですね。キーワードを書いた紙は、結局一回も読まずに、プレゼンテーションを眺めただけで何とかしゃべれた。まあ、キーワードといっても大した量の書き込みじゃなかったですし、覚えられて当然のレベルですけどね。
頭の回転が追いつかず、質問に関する返答は、うまくできなかったなあ…というのが悔やまれますが、なかなかうまくできたと思います。個人的には80点以上(残りの20点は、発表時間を2分も余らせてしまったこと、質疑応答に素早く答えられなかったこと)をあげたい。


何より今回のことで、プレゼンテーション発表に自信が持てましたね、今度必要があったときも、がんばります。