読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

勉強会配信設備について。2015年12月版

コミュニティ活動

このブログは勉強会 Advent Calendar 2015 - Adventarの20日目の記事です。

さて、ある程度の規模の勉強会になると、勉強会用の設備が必要なものがあります。

  • プロジェクタがないところで発表を行うためのプロジェクタ
  • インターネット中継を行うための中継設備
  • インターネット回線がないところで中継を行うための回線

これについては、一度本ブログにも記事を書いています。
blog.onpu-tamago.net

本文はQiitaの方に書いています。

内容も確認し、とりあえず古くなってたものは更新しておきましたので、ご確認ください。

勉強会の設備

と、これだけではアレなので、簡単に使ってる物の紹介。そういえば上で紹介していなかったプロジェクタについても。

プロジェクタ

現在使っているプロジェクタは以下。いざというときはモバイルバッテリーで使えるのを重視しています。

いちおう、エナジャイザーを使ってモバイルバッテリー駆動できることも、確認済み。ただ、今見ると専用のバッテリーも用意されているようですね。

VIVITEK QUMI 専用モバイル バッテリー18000mAh 大容量 QB-180K-B

VIVITEK QUMI 専用モバイル バッテリー18000mAh 大容量 QB-180K-B

中継設備

サンワサプライ フラット型PCマイク MM-MC23

サンワサプライ フラット型PCマイク MM-MC23

ビデオカメラとLiveshell。それから三脚とマイクです。今の時期だとほとんどのカメラにマイクが直結できるようなので、それを使うと良いと思います。
また、Liveshellならば最近、新型が出ています。LiveShell.2Cerevo LiveShell PRO CDP-LS02Aですね。見た限りですとそんなに性能は違わないようですので、どちらか好きな方を使うと良いかと思います。

回線

回線については、MVNOからいいものを選べます。いい時代になりました。ただし、そのうち消滅するMVNOなんかもありそうですし、動向観察は欠かせません。

NECプラットフォームズ EX4C クレードル PA-MR04L-EX4C

NECプラットフォームズ EX4C クレードル PA-MR04L-EX4C

FREETEL SIMは100MB~10GBまで使用量によって料金が変わるSIM。イベントの回数や、イベントで使う容量が一定でないときには比較的安く仕上げられるので今のところは良いかなと思っています。万が一のことを考えて予備回線を用意したとしても、一枚につき200円で済むので予備を用意しやすい。

また、私物兼予備回線用にmineo(あえてauプラン。ドコモ回線が何らかの障害で使えなくなったときの保険)も持っていますが、MR04LNならいちおう両方収納できるので助かりますね。

今後欲しいもの

今後欲しいものとしては、Liveshellを新調したいところ。プロジェクタは、まあ最近プロジェクタのある会場でイベントをやることがほとんどですし、無理に新調しなくてもいいや という感じ。300ルーメンもあればとりあえず大抵の場所で十分な明るさですし。

中継設備としては、Liveshell2またはLiveshell PRO、あとはマイクを直結できるビデオカメラがあればですね。最近だとマイクをビデオカメラに直結できるのは当たり前みたいですが、自分のビデオカメラは直結できないので・・・(なので、Ustreamに配信できる音と、ビデオカメラに録画される音が異なる)。

以前展示会で見たCerevo LiveWedge CDP-LW01Aなんかも気になるところですが、録画装置など一式買変えなければいけないのと、いざ使えるようになったときに、使えるスタッフの確保が大変そうなので…。


あと、これらを収納する機材についてですが、これは自分で作ったほうが早いかなーとも思ってます。できれば中継機材一式とビデオカメラを安定して持てる物が欲しいですね。