読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

地域の人に、できること

コミュニティ活動

昨日11月5日(水)は、港南区街のアドバイザーによる試みで、名刺作成のワークショップを行いました。
このワークショップは主に、港南区街のアドバイザー内で特にパソコンと縁遠い人たちに向けたもので、自己紹介に用いる名刺を、Wordで作成しようというワークショップです。街のアドバイザー間の情報交換をもっと促進しようという取り組みの一環で、情報交換のきっかけに名刺を使おう ということから、今回のワークショップを行うことになりました。

今回使ったのは、Wordの差し込み文章機能。自分は普段ラベル屋さんHOMEを使っており、Wordを使って名刺を作成したことはなかったので、ちょっと新鮮でした。


今回はほとんど( or まったく)パソコンの利用経験がないという人もおり、いままでのパソコン教室とはまた違った形で、大変なものでした(今までの教室ではなんだかんだパソコンの利用経験があったり、簡単なソフトの操作くらいならできるという人が多かった)。ただ、それでもしっかり教えた内容は伝わったようなので、それはよかったかな と思います。慌ただしかったですが、結構経験にはなったのかな と。

もっと支援を

今回参加していただいた人の中には、PowerPointなど他のパソコンソフトに興味があるという人もいました。できることなら、そういう人に向けてもう少し支援できればいいのですが、今回は機会がなく結局断念。

上大岡周辺にはふらっとステーション・とつかのように、無線が使えて、オープンスペースであって、多少の金銭授受なら目をつぶってくれるような場所がないからなあ(ふらっとステーション・とつかのパソコン道場では、現在相談料500円を毎度頂いていますが、いまのところとくになにかとがめられてはいないし、公認されている)。

たぶん今回のように、やりたいことが有り、それに(パソコンのような)デジタルツールが役に立つということが漠然と分かっているが、実際には調べる術がなく、何もできてない という人はいるんだろうなあ と思います。そういう人の為に、もっと何か出来ることはないか。もちろん、ちゃんと自分の生活も保障できるような形で。

今できていること

現状今地域に向けてできていることは、こんな感じ。

そして、今進行中のこととして、書籍の作成がある程度。まだまだほかにもやれることはあるんだろうなあ。