読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

達人出版会の電子書籍の読み方

雑記

さて、達人出版会基礎からわかるAndroidアプリケーション開発 Android開発環境構築Windows編 - 達人出版会を出版したわけですが、次の書籍作成にあたって、ふと「これ、どうやって読むの?」ということが気になって、ちょっと調べてみました。

達人出版会のサイトにも書いてはありますが、加えて、自分の手持ちの環境でいくつか確認

とりあえず自著を実際にいくつかの手段で読んでみました。

Google Playブックスにアップロードする

最近のGoogle Playブックスには、PDFやePUB形式のファイルをアップロードすることができます。以前
ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]【委託】 - 達人出版会を読んだときにも試した方法です。Google Playで購入した本と同じ感覚で読むことが出来るので、オススメの方法です。

試した結果、自分の本は、PDF版でも、ePUB版でも、問題なく読むことが出来ました。気持ちePUB版のほうが装飾が多いぶん読み込みが遅い気もしましたが、感覚的なものかもしれません。

ちなみに、ePUB版をGoogle Playで読み込むと、画面左下のメニューから章ジャンプができます。今回の本は大した長さではないので大して効果はないですが、長い本では結構役に立ちそう。
f:id:TakamiChie:20140609234917p:plain

Amazon Kindle

Amazon Kindleでは、Send to Kindleという機能を使ってPDFファイルをアップロードすることができる・・・はずなのですが、いまのところあんまり上手くいったことがなく。


今回も試してみたところ、上手くいきませんでした。ePUBファイルは送信出来ませんでしたし、PDFもアップロードだけは出来たものの、開こうとするとKindleが強制終了してしまいます。

というわけで、今回はNG。

Sony Reader(PRS-T1)

さて、自分が書籍チェック&メモ用に持っている、Sony Readerにもファイルを入れてみてチェックしてみました。

Sony Readerでは、ファイルを専用ソフトで配置するか、エクスプローラで所定のフォルダにファイルを配置するだけで読み込みができます。


とりあえず、このリーダーでは、PDF版もePUB版も通常通り読むことが出来ました。ただ、ePUB版のほうはリーダーのRAM容量のせいか*1、動作が重くなったりフリーズしかけたりしました。最新モデルではわかりませんが、とりあえずSony Readerで読むならPDFがよさそうです。

まとめ

ということで、達人出版会の本を読むのであれば、Google Playブックスにアップロードして読むのがちょうどよさそう。ePUBだと章ジャンプも使えるので長い本はePUBをお勧めします。


一方、電子ペーパーの書籍リーダーを使う場合は、PDFのほうが良さそうです。
自分の本のように、PDF/ePUB両方を販売しているタイプの本は、状況によって向いているほうを選択出来るので良いですね。

*1:情報によると256MBらしいです