読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

IS03購入

Android

そういえば書き忘れていましたがIS03を購入しました。スマートフォン懇親会の翌日に。これでやっとAndroidで通話できます(いままではWindows MobileのSC-01Bだった)。

所感

使ってみた感じ、思った以上にいい感じです。いままでスマートフォンとしてはHT-03Aというスペック的に数世代前の端末しか使ってなかったせいもあるでしょうが、おおむね高速に動作します。まあ、標準のホームアプリについては、いれかえさせていただきましたが・・・(IMEも入れ換え検討。母にメールをするときは絵文字が使える標準IMEも使うでしょうが)。

電話もいまのところは安定しているし、近接センサーのお陰で耳に近づけると液晶が消える。なかなか使えるレベルかなと思います。
イヤホンジャックがついているし音楽再生もいけますが、そのわりに音楽再生機能が弱い(LISMO Playerかなぜかアプリとしては非表示になっているAndroid標準プレイヤーしかない。どちらもとりあえずプレイリスト再生ができる程度で、再生機能のカスタマイズ幅がかなり狭い)のですが、それはソフトを探せばいいレベルでしょうか。

電池

当初一番の懸念点だった電池についても、HT-03Aに比べるとよい といったところ。HT-03Aはバッテリーを節約*1して半日(平日一日仕事から帰るまで)ギリギリ持つレベルでしたが、IS03は節約を全くしない状態*2で同じくらい持ちます。
それだけにもうちょっと頑張ればいい線行けるのになあ と欲張りたくはなりますが、とりあえず問題なし。

充電バッテリーのモバイルブースター(500mAh版)も、起動しているアプリにもよりますがちゃんと使えるようです(ただ起動しているアプリやモバイルブースターの状態によっては充電ができないことがあるので、余裕をもって1Ah版のモバイルブースターがほしいところです)。

Android2.1

OSはAndroid2.1ベースと、同じく手持ちのGalaxy Tabより低いバージョン。しかし、それもいまのところはあまり気になりません。
Flashもケータイ用のものがつまれているお陰でそこそこ見えますし、アプリの実行速度も気になるほど遅くはない(まあ、わたしはゲームをやらないのもあるでしょうが)。

アプリの対応も2.1以降のものが多くあまり困らないし、クラウドからのメッセージ送信ができるC2DMはそもそもまだ流行っていない。
むしろライブ壁紙など見た目に大きな影響を与える機能は2.1で大抵実装済みなので気にするレベルではありませんでした。
実際いまはGalaxy Tabと見比べて使っていることもありますが、とくにこれができないのは… と思うところはないです。

感想

わたしは早く母との通話とそれ以外の通話をひとつにしたい*3というのと、おサイフケータイなどの和製サービスへの興味、見た目に惹かれてこれを選びましたが、おおよそ外れではなかったと思います(まあ、バッテリーなど他と比べると見劣りする点も多々あるとは思いますが)。
現状ほどほどのスペックで動き、日本のサービスも見てみたい という人は選んでもいいかな と思います。


というわけで、ひとまず普段使いの端末がそろいました。今年の大きな買い物はこれでおしまいかな。

*1:画面輝度20%、使用しないときはTwitterクライアントなどを終了して節電

*2:ライブウォールペーパーあり、画面輝度は自動設定、Twitterクライアントは停止せず、3分に一回通信

*3:前にも書いたと思いますが、うちは母がauなので、いままで母とはIS01、外向けにはSC-01B という使い方をしていた