読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

ママチャリキャラバン東京レポート

ママチャリキャラバンの東京イベントのレポートが掲載されていますね。
4 « 2月 « 2010 « ママチャリキャラバン
動画でも言われていますが、うちやメディ研などのようなコミュニティってまだまだ認知度高くないのかな?こういうコミュニティは彼らの希望を100%満たすものではないかもしれない けど、確実にいろんなことを話したり、いろんなことを身につけたり出来る場所だと思う。
東京には少ないのかな?勉強会や、大人のサークルが多いのは聞いたことはあるけど。そういうのも、横浜の横浜らしさなのだろうか?


――このイベントを通して、うちや、メディ研、デジタルキャンプイベントなどで会える人が増えてくれれば、もっと言うと、うちのイベントを手伝ったり、主催してくれる人が増えたらいいな。このイベントを通して、もっと横浜のコミュニティが盛り上がってくれればと思う。
その為にも、わたしもこの機会を無駄にしないように、わたしもしっかり準備をしなきゃいけないな。何をすればいいだろう?

2010年2月5日0時31分追記

このイベントのキーワードは「対話」だという。対話そのものを目的としたものではないけれど、最近立場の違う人と対話が出来る というイベントは、増えてきてはいると思う。
IT系のいわゆる勉強会もそうだし、その他の分野でも勉強会・交流会は少なくないと聞きます。まあ、他の分野は学生たちも入れるイベントなのかどうかは知りませんけれど。

わたしが産まれるより前よりかは減ったのかもしれないけど、わたしが産まれた頃からは、こういう対話――立場の違う人に話をする機会は増えたような気がする。まだまだ個人同士のつながりでしかないし、そんなに強いものでもないけど。
学生がこういうことをしているって言うのは、とても頼もしい。だからわたしは、今後もここを応援していきたい。あと3日。楽しみです。