読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

わんくま同盟東京勉強会#29 グループディスカッション

わんくま同盟東京勉強会#29がとうとう週末になりました。今回はグループディスカッションと、いつもは違った雰囲気の勉強会ですが、たくさん話せそうですし、わたしはとても楽しみにしてます。
グループディスカッションというと、事前準備だとか知識とかが必要そうですが、そんなことはあまりありません(まあ、なさ過ぎるのも考え物ではありますが)。
わたしは前にも書いたとおり、コミュニティリーダーズフォーラムでグループディスカッションをやりましたが、正直参加するとなったときには、わたしには語れるような内容も、予備知識もなにもありませんでした。なんてなかったです(そもそもそういうのがあるとすら当初予想してなかった)。でもそれなりに楽しめたし、発言もできたし、得るものもありました。ですからいつもより多少ハードルは高いかもしれませんが、気にせずみなさん来ればいいんじゃないかなと思います。
ディスカッションなんて、結構喋った者勝ち。とにかく喋ってみれば、何か反応が来て、発見があると思います。よほど的外れなことを言わない限り、場がしらけるなんてこともそうそう無いはず、だから本当に多くの人に来てもらいたいですね。
とくに、学生さんであるとか、新卒の人であるとか、あまり経歴がながくない人の意見には興味があります。わたしも自分以外の人がどうやってプログラミングというモノにたどり着いたのか、聞いてみたい。ひょっとしたら磯子クリエイティブチームの今後の活動に役立つなにか、いい意見がえられるかもしれないですしね。

今回は最近珍しく、まだ参加枠が空いています(まあ、木金のDevelopersSummitあたりでどどんと増えそうな気がしますが・・・)。開発やその環境について、いろいろ意見を交換してみたい人は、是非是非来てみてはいかがでしょうか。


――え?バレンタイン?ああー、そういえばそういう日もありましたねwまあ、たのしいなってことで、良いんじゃないでしょうかw