読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

コミュニティ名刺の大切さ

雑記

名刺交換をした人にはお礼メールを書こう。

学生諸君、「就活としての勉強会」に参加せよ − @IT自分戦略研究所

社用の名刺の場合、書かれているのは個人のメールアドレスではなく、会社の個人アドレスだったり会社そのもののアドレスだったりします。社用名刺で伝わるのは「今この会社に就いてるんだ」というのと「こういう名前(本名)なんだ」というくらい。まあ、それはそれで就活中の人には大事な情報なんでしょうけどね。
でも、とりあえず、社用の名刺だけでは個人宛にメールを書こうにも書けなくて困ってしまいますよね、あらためてコミュニティ用の名刺を作っておいて良かったなあ と思いました。まあ、Twitterでも同じこと言いましたけど。
わんくま同盟の場合Twitterのユーザーも多いので、そこで連絡を取るという道もあるにはありますが、このあいだも書きましたがやっぱりメールできるというのは違うんですよね。やはりコミュニティ用の名刺ってのは大切でしょうか。


――わたしがしてる/してたかって言うと、してないなー(^_^;せっかくこの間のリーダーズフォーラムではコミュニティ名刺たくさんもらったんだし、やっぱり送っときましょうか ねー。