読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

きのうやったこと

Subversionリポジトリの修復作業、XmlSerializerを使ったシリアライズ処理の方法調査くらい。
Subversionは幸い、過去にバックアップしたデータが消失したリビジョンを持っていたので、そのぶぶんだけをバックアップからdumpして、現在のリポジトリにloadしました。
しかし、状況は変わらずですね、どうもロード自体に失敗しているような感触すらあります。やはり本にあるとおり、部分的にリストアみたいなことをするのではなく、ごっそり新しいリポジトリを作って復元した方が良いのでしょうか。

ところで、リポジトリのdb/revs/を見ると、1から231(最新リポジトリ)まで連番でファイルがありますが、たしかに158がありません(ついでに、159,165,166,167もないことが判明)。古いリポジトリフォルダから該当のファイルをコピーすると、とりあえずTracでエラーは出なくなるのですが、こんな対処で良いんでしょうか・・・(そうしても相変わらずsvnadmin verifyは失敗するし)。


XmlSerializerのほうは、調べた限り良い方法が見あたらないです。そういえば配列の要素一つを文字列として扱うこともあると言うこともあるし、やはりここは別の方法を検討した方が良いかも。しかしどうやって?うーん、手作業?