読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

Windows Mobileのあした

わたしは、いまのWindows Mobile、あんまり不満は感じませんね。毎日寝てるときに自動リセットがかかっているからかここ最近フリーズには遭っていません(ボタンを連打する(ロックをかけないままポケットにしまったりするとたまになる)とフリーズするようですが)し、ソフトは作ったり工夫してしまうタイプだからかここがだめという点はそんなにありません。
確かにWindows Mobileのタスク切り替えは面倒ですが、よその一般携帯だってタスク切り替えは(YTaskMgrなどを入れれば ですが)面倒さはおなじくらいですし。終了についてもちゃんとわかっていれば問題ないと思います。――これもYTaskMgrのようなものがあればですが。

わたしは、WMにはこのまままっすぐ進化していってほしいなと思いますね。せっかくのWindowsとの親和性を大切に。それひとつではあまり使えないけど、いろんなものと組み合わせられる端末であれば。
そんじょそこらのメーカーお仕着せの箱庭携帯と合わせようとしなくて良い、Windows Mobileにはケータイになってほしくない。セットアップは確かに一般携帯ほど簡単じゃないですけど、それでいい。基本的なツールを全部プリインしようと思ったら結局また面倒なことになりますし、ユーザーがユーザーの身になって作ってるからこそ、今のWindows Mobileがあると思いますから。これからもPC界のそういう良いところを引き継いだ端末であってくれればいいと思いますよ。ま、そのうちAndroidに座を奪われてしまうかもしれませんけどね(^^ゞ


――でも、強いていうなら、Windows Mobileにももっと大規模なユーザーコミュニティがあってくれればいいですね。開発の情報もカスタマイズも初期のおすすめアプリのセットもすべてここでそろうくらいの。もちろん、日本語で。
――で、そういうコミュニティが定番アプリのインストールセットでも配布すれば良いんです。せっかくそういう方向に持って行くのにうってつけのアプリもあるみたいですしね。

23:22追記

そういえば、PCと同じ名前のソフトは多いのに、同じような利便性を持ったソフトが少ないのもデメリットですよね、Operaは「The Fastest Browser On Earth!」を謳っていたときのOperaの面影はないし、ATOKも推測変換機能こそPCATOKの面影がありますが、PCには頻繁に辞書アップデートなどがあるのにWindows Mobile版はただありのまま。テキストから自動学習するような機能もないし、「今日」などを自動展開してくれるような機能もない。メモリが少ないからできないとかそんなことないものも多いのにやってないことも多いんですよね。
結局は、Windows Mobileでなにやっても金にならない ってのがあるのかもしれませんが。


そういえばOperaなんかM2はどうしたんだっていう。あのくせはあるものの使い慣れると代え難いメーラー、好きだったんですけどねえ。