読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

Vine Linux+Apacheセットアップ

昼頃からぼちぼちやっていた、VirtualPCへのApacheセットアップがようやく終了。いくつかつまづいた点もありましたが、とりあえず無事に作業は終了しました。まあ、まだまだ問題は山積みみたいですが――。
とりあえず、詰まったところについて確認してみます。

インストールし忘れたgcc/make

まずはVine Linuxのインストールなわけですが、CD(ISOイメージ)をVirtualPCにキャプチャさせてからPCを起動すると、線と文字だけで書かれたウィンドウがいくつか表示され、インストール前の処理について聞かれます。
ここでわたしは、あろうことか開発ツールのインストールを忘れてしまい、gccやmakeなどのツールがない状態でVine Linuxをインストールしてしまうことに。気づかずApacheソースコードを持って来るも、当然動くはずがありません。
――と、こんな感じでインストールし忘れたツールがあって、後で改めてインストールしたい場合、Linuxのインストールディスクからツールをとってくる必要があります。その方法は

  1. CDイメージを再度、VirtualPCに読み込ませる。
  2. コンソールで、/media/Vine Linux ... /Vine/RPMS/に移動する*1
  3. 必要なツールをrpmコマンドでインストールする

――つまりは、こんな感じ*2

# cd /media/Vine Linux ... /Vine/RPMS
# rpm -ivh gcc-3.3.6-0v17.i386.rpm

gccの場合は、いくつか必要なライブラリがあるからと言われ失敗するので、表示された全てのツールをrpmコマンドでインストールしましょう(表示された名前の後ろに*をつければ、lsなどでライブラリのファイル名を確認できます)。

Makefileが出来ない!?

あちこちのサイトのとおりだと、./configureコマンド(スクリプト)実行後に生成されるというMakefile。これが作成されずに終わることが数回ありました。
とりあえず./configureの処理がコンソールに表示されるようになったので、うまくいったと思っていたのですが、ログを見るとモジュールの関連処理でつまづいて失敗していると。よくわからず必要そうなモジュールを有効にしてスクリプトを動かしていたんですが、それがいけなかったようですね。
――というわけで、スクリプトがちゃんと動いていそうかどうかにかかわらず、実行終了後の行はちゃんと確認しましょう。


特に迷ったのは上の二点でしょうか。それ以外は特に迷うこともなく、マニュアル通りにやることが出来ました。


さて、じゃあ次はカスタマイズですねえ、httpd.confを開いてLoadModuleを――と思ったら、なんとLoadModule行が一個も見あたりません。最近(わたしの入れたのはバージョン2.2.4)では全部手書きで指定するルールになってしまったんでしょうか?
apache2/bin/apachectl startApacheを起動してから、ブラウザからlocalhostにアクセスをして見るも、表示されるのは「あなたの予想に反して・・・」と書かれたマニュアルページでおなじみのページではなく、「It works!」とのみ書かれたそっけないページだけだし。なんだかだいぶマニュアルと違うぞ?
――というわけで、明日以降に続きます・・・ 続きは多分3日あたりに。

ちなみに、外部からのアクセスは・・・

この辺はさすがVirtualPCですが。ノートPCのVirtualPCで起動中(固定IP指定済み)のApacheの公開ページに、デスクトップPCからアクセスすることが出来るということを確認しました。うんうん、これならVirtualPCを仮サーバとして使っても問題なさそうですね。
どうやら無線LAN環境だと、ちょっと次ごうが違うみたいな話を見かけたので、無線LANしか使ってない人は要注意ですね。まあ、サーバに不安定な無線LANしかつなげない というのはちょっと異常な環境だと思いますが(^_^;

*1:わたしはGUIからコンソールを表示していたので自動的にマウントされていましたが、環境によってはmountコマンドによる手動マウントが必要かもしれません

*2:わかりませんが、多分インストール作業なので管理者権限になっておかないとダメなんじゃないかと思います

*3:――GUIエディタがあれば要らないやと思っていましたが、面倒ですしやっぱりviは必要です(^^ゞ挿入・保存・検索くらいは最低限出来るようにしておいたほうがいいでしょう。 WordやExcelやらの操作方法つきのマウスパッドとかだけじゃなくて、viの操作方法の書かれたマウスパッドなんか作っても売れそうですね。これは(^_^;