読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高見知英のかいはつにっし(β)

高見知英のアプリケーション開発日誌 のほか、地域活動などの活動報告ブログ。

Turbo Delphi Explorer!

プログラミング

インストール、使用してみました。とりあえずバージョンアップ予定のTCalをターゲットに。
使ってみた感じ、まあまあよろしいです。コードインスペクタやアウトラインビュー、リファクタリングなど、VisualStudio2005相当の機能がついて、それでフリーとはなかなかお得。Delphi6の魅力が一気にかすんでしまうほどの出来です(おなじくフリーが最大の特徴な同士なので、当たり前ですが)。
コンポーネントの追加登録ができないとのことですが、オープンソースかつ、ソース使用インパクト0を目指すわたしにとってはそんなもの関係なし。当然ライブラリパスさえ通しておけばコードから第三者のコンポーネントやクラスを呼出して使うことはできるので、開発にはなんの影響もなしです。
今回もインストールに英語は絡みますが、公式の解説ページがあるので心配は要らなさそうですね。

まあ、Delphi7とコード的には変化無しだと思うので(プロジェクトを開いてライブラリパスを通して実行 だけで動いたし。)、商用利用する際にはDelphi7のライセンスを楯にすればいい かな。

それにしても、個人――というより、アマチュアプログラマの使用って、こういうソフトベンダさんにはあまり認知されてないですよねえ
ダウンロード時に聞かれる質問事項も

あなたの職種

使用目的

製品購入のまでの期間

製品購入の際のあなたの立場

所属チームの人数

会社の業種

会社の従業員数

ですし。アマチュアプログラマはどう答えれば良いんだと。使用目的に「個人学習のため」なんて書くのもなんか癪だし。